So-net無料ブログ作成
検索選択

PADI TEC40講習終了 [PADIダイビング]

今年パラオの素晴らしい海へ行って、一気に海での活動意欲が活発化した。

5年間逡巡していたDMも取得、更にこの非日常的な美しさの潜水体験を
多くの人々に伝えたいと考え、EFRI+AIまで取得、更にIDCを目指す(が、
休みが足りない・・・)ことにしようと考えている。 

ただ、違いの分かる中年ダイバーとしてはIDCにこのまま一直線に進むよりも
もう少し潜水の幅を広げておきたいと思い、深度潜水・マルチタンクの
Tecダイブも経験しておくべくTec40講習を受講。

しかしこれまた4日間(+1日の飛行機乗るインターバル時間)
の時間が必要ということで、何とか仕事と休みを調整し、
タイでアメリカ人の先生に習うことにした。

IMG_1932.JPG
深く潜るので兎に角安全確保の為、redundancyが求められ、ダイブコンピュータも
マスクも減圧プラン書いたスレートもナイフもリールも全部二つずつ持って潜る。
まずは初日に教室で簡単な物理を受講、試験を受け、
翌日は機材セッティングの実技講習、そして漸く3日目の朝早くに海に。
IMG_1934.JPG

先生と船頭と自分の3人で船を貸し切っての口伝講習。
うーん、ものすごい密度の濃い英会話の練習でもある。 
命が掛かっているから、聞き間違えは許されない。

サメサン(Samesan)の沖合、Chuang島近くでダブルタンクのバルブの開閉や
安全手順を学ぶ。 手を後ろに回してのバルブ開閉x4回を45秒以内に終えないと
いけないのが体の柔軟性不足もあって辛かった。左手がうまく使えず、掛かった時間は
2分、1分30秒、50秒と初日は全て失格。

二日目も1回目は1分。 「1分もかかっていたんじゃ溺れるぞ」、との先生の
厳しい言葉もあって、潜水の合間、船上で腕を後ろに回すストレッチを繰り返し、
手袋もはずし、二回目のダイブでやっと時間内に収めて合格。 

そのあと、減圧タンクをつけて3本のタンクを持って第二次大戦時に
英国海軍機によって沈められた日本海軍徴用の貨物船の沈船まで
400mの海底ドリフト

きちんと船までドンピシャの快適なダイブ! 
そして50%酸素のデコシリンダー使っての減圧浮上で受講終了。

この講習は色々考えながら潜る知的な作業で面白かった。 
ディシプリンな減圧ダイブ、好きになりそう。 

こうなれば目標はビキニ環礁の戦艦長門ダイブに置くぞ。
あそこはダイビング界のアコンカグア。 金と努力次第で何とか
普通の人間がたどりつける一つの限界パラマウントでもある。

ただ、空気吸うタンクを間違えると2呼吸で死ぬ危険な一面もあるので
絶対に間違いは許されない。 事故率も高い。 

だからダイバーの中でもこっちのテックダイブ方面に行くのは
1%しかいないそうだ。

講習の帰り道にはパタヤの町も微笑む。 

次回はタンク4本もって減圧を効率的に進めるTec45講習。
受講に5日間かかる。 何とか11月に受けられるかー?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。